Tableau Server で初めてのグラフ共有

こんにちは,髙橋@SSTDです.

前回の記事で,弊社の大村がTableau Desktopについてご紹介しましたが、 Tableau Desktopには、 Tableau for Studentsというライセンスがあり、 学生には1年間Tableau Desktopのライセンスを無償で提供していたりもします。 また、Academic Programsというプログラムもあり、大学の講義での利用についても推奨していますので、ご興味が有る方がいらっしゃいましたら、ぜひこちらからご連絡下さいませ.

さて、今回は、前回の流れに乗って、Tableau Serverの紹介をしたいと思います。

Tableau Serverとは

Tableau Serverは、Tableau Desktopで作成したワークブック(twb)を共有することを目的に利用します。 Tableau Serverを利用することで、Tableau DesktopやTableau Readerを持っていないユーザが、 他ユーザが作成したグラフを閲覧することができるようになります。 また、閲覧するだけでなく、簡単な編集作業も行うことも可能です。 しかし、Tableau Serverだけでは、データソースの追加やデータの詳細な編集を行うことができないため、 Tableau ServerのみでDesktopが不要になるわけではないのでご注意下さい。

Tableau Serverの導入

推奨環境についてはこちらをご参照下さい。

ダウンロード

弊社のダウンロードサイト もしくは, Tableau公式サイト からダウンロードを行ってください.

インストール

  1. インストーラの起動
  2. アクティベーション
  3. Resisterを選択して、必要情報を入力します。Tableau Serverにも14日間の無償利用期間が提供されています。
  4. 初期設定
    • 今回は、Use Local Authenticationの選択
    • User: インストールしたWindowsPCのログイン名
    • Password: インストールしたWindowsPCのパスワード

Tableau Serverへのアクセス

ログイン

インストールが終了し,Tableau Serverにアクセスするためには, http://localhost:8000/ にアクセスします.初期設定で利用したユーザ名とパスワードを入力します。

ログイン後、Tableau Server上にあるグラフの一覧が表示されます。 デフォルトで、サンプルのグラフが格納されています.

グラフのアップロード

それでは、前回の記事で作成したグラフを,Tableau Serverにアップロードします. Tableau Desktopを起動し、メニュー項目のサーバを選択します。

Tableau Serverへのサインイン

Tableau Serverのサーバアドレスとユーザ名及びパスワードを入力して、アクセスします。

ワークブックのパブリッシュ

Desktop上で作成したデータ取得元のデータソース情報や、作成したグラフの情報を含んだデータをワークブックと言います。 Tableau Desktopで名前を付けて保存をすると、twb形式で保存されます。 Tableau Serverではその情報をDesktopから受け取ることができます。 さて、今回作成したグラフのシートを選択し、パブリッシュを選択しましょう。

パブリッシュに成功すると、プレビューが表示されます。

また、デフォルトのままでパブリッシュすると,既定のプロジェクトに保存されます. プロジェクト毎に権限管理を行う場合は,プロジェクトを新規追加します.

さて,パブリッシュしたデータをブラウザ上で見てみましょう.

また、パブリッシュされたデータは、ブラウザ上で編集することもできます(データソースの新規追加を行うことはできません)。

Tableau Desktopだけでは、自分が作成したグラフを共有するために、twbファイルをメールで送付する必要が有りました。 しかし、Tableau Serverを使うことで、グラフの共有を手軽に行うことができるようになりますね。

以上、Tableauの使い方については引き続き紹介していきたいと思います。

執筆:髙橋@SSTD